吾妻森林組合
森林組合について 事業案内 地球環境と森林 地域活動 岡崎木材加工センター
木材は森林保全により、完全循環型資源として活用できます。

 森林は心を癒し、きれいな水を貯えたり、空気を浄化したり、また、洪水や土砂崩れを防ぐなど、人々の生活を守っています。私たちに恵みを与えてくれる森林を守るため、そして次世代に森林資源を残すためには「森林の手入れ」が必要です。

循環型資源のイメージ

 枝打や間伐等の手入れがされている森林は、健全で活力があり、大気中の二酸化炭素をたくさん吸収し、地球温暖化防止にも役立ちます。逆に、手入れがされずに放置されたままの森林は、木に活力がなく、地面がむき出し状態のため土砂災害等が起こりやすくなります。
 間伐等により伐採された木は、加工され、私たちの暮らしに有効利用されています。また、伐採後の山には計画的に植林され、長い年月をかけて育った木々が豊かな森林を形成します。
 森林を手入れ(管理)すること、計画的に木を伐採し活用すること、そして若い木を植えて育てるという「循環型」が、森林環境の保全につながります。


吾妻森林組合
〒377-0424 群馬県吾妻郡中之条町大字中之条町1836
電話:0279-75-3026 FAX:0279-75-2618
メールアドレス info@agatsuma-shinrin.jp
(C) 2010 Agatsuma Forestry Union.