吾妻森林組合
森林組合について 事業案内 地球環境と森林 地域活動 岡崎木材加工センター
健全な木を育てるために、間伐を行います。


間伐前 拡大拡大


間伐後 拡大拡大

間伐とは
 間伐は、混み合った森林から、曲がったりひょろひょろとひ弱になってしまった木を伐採する作業のことです。森林の中を明るく保ち、元気な木を育てるために、間伐は必要な作業です。
 適切な間伐を行って森林を整備すると、木は生き生き大きく育って、元気な森林になり、二酸化炭素の吸収・貯蔵による環境保全機能が向上します。また、下草も生え、良質な水源涵養機能が増し、洪水を調節し、土砂災害を防ぎ、人命や財産を守ることにつながります。また、様々な野生動物や野鳥、昆虫などの生命を保護し、育てているのも森林なのです。
収入間伐
 搬出可能な所では、間伐木の有効利用を図るための収入間伐を行っています。吾妻森林組合の岡崎木材加工センターでは、間伐木を製品に加工し(テーブルやベンチ、ガードレール、法面パネルや土留材など)、木材資源の利用拡大、林業経営の安定や地域経済の発展に寄与しています。



吾妻森林組合
〒377-0424 群馬県吾妻郡中之条町大字中之条町1836
電話:0279-75-3026 FAX:0279-75-2618
メールアドレス info@agatsuma-shinrin.jp
(C) 2010 Agatsuma Forestry Union.